診療案内

消化器内科

胃腸内科(消化器内科)では、胃や大腸など消化器官のお悩みに、さまざまな検査が可能です。

胃の検査には、上部内視鏡(胃カメラ)検査とバリウム検査をご用意しております。内視鏡は、経鼻内視鏡と経口内視鏡を揃えていますが、嘔吐反射が少なく、鎮痛剤を使わない経鼻内視鏡を選択される方がほとんどです。

検査後は、患者さまと一緒に画像を見ながらご説明いたします。胃炎や胃潰瘍があれば、同日に尿素呼気検査で調べることも可能です。ピロリ菌が確認された場合は、除菌もいたします。また、腰痛で横になれない、内視鏡が苦手といった方には、バリウム検査もおこなっておりますのでご相談ください。

大腸の検査には、当日の検査が可能なバリウムと便潜血検査のほか、注腸検査もご用意しています。こちらは前処置が必要なため後日の検査となります。さらに、当院では不整脈の検査にも対応しておりますので、ご希望があればお問い合わせください。

内科

内科では、糖尿病・高血圧症・脂質異常症などの生活習慣病から、急性のかぜやインフルエンザまで対応しています。生活習慣病では、健康診断で指摘された方に、一カ月に一回程度の血液検査などをおこない、数値をコントロールしていきます。

当院では、腹部エコー、エックス線、内視鏡、心電図などを揃えており、さまざまな検査に対応することが可能です。

インフルエンザや咳が出ている患者さまにはマスクをしていただいたり、お車で来院されている場合は、車内で順番を待っていただくなど、院内感染の予防対策にも尽力しています。